雑記

成田空港へ行くにはバスがおすすめ!理由と行き方をご紹介!!

こんにちは!管理人のペガサス(@Pegasus_uublog)です!

成田空港をこれから利用される方は必見!

成田空港って日本を代表する空港だけど、実際行ってみると千葉の奥地にあって、都心からだとけっこう遠い上に時間かかるし移動時間退屈なんですよね。。

そんな方に向けておすすめの成田空港への行き方をご紹介します!

そう!それがバスです!

成田空港へいくには主に電車orバスの二択なんですけど圧倒的にバスの方が良いことだらけです。

成田空港へ、まだ電車で行ってる方や初めて成田空港へ行く方に向けて、バスを使うメリットと詳しい行き方をまとめたのでぜひ読んでみてください!

ペガサス
ペガサス
それでは、スタート!

成田空港について

まずは、成田空港について簡単に説明します。

成田空港は千葉県成田市にある空港です。

関東に住んでいない人には意外と知られてないんですが東京都心からはけっこう遠いんですよね。

だいたい1時間半~2時間くらいかかります。距離にして東京駅から約71.1kmです。

料金はバスでも電車でもだいたい1000円~1500くらいです。

ペガサス
ペガサス
都内から成田空港に行くには一番安くてもこれくらいの料金はかかるぜ!

 

関東にはもうひとつ羽田空港という大きな空港があります。

羽田空港は成田空港ほど離れていないので1時間もかからずに行けることが多いです。

料金も1000円未満で行けるケースが多いと思います。

「じゃあ、羽田空港使えばいいじゃんっ!」

って思うかもしれませんが成田空港にしかない大きな特徴があるんです。

それは、格安LCCの航空会社が使えることです。

格安LCCとはめっちゃ簡単に言えば「安く飛行機に乗れる航空会社」です。

有名なので言えばJetsterPEACHです。

ANAJALに比べて料金がありえないほど安く、例えば東京から九州へ行くのに片道約6000円なんかで行けることもあります。

地方出身で状況してきたお金のない大学生なんかは、地元に帰るとき利用する人が多いですよね。

この格安LCCの航空会社のほとんどが成田空港からしか飛ばないんです。

なので、距離は遠くても成田空港を利用する人がたくさんいるという訳ですね。

成田空港への行き方

次に、成田空港への行き方をご紹介します。

主な行き方は電車orバスです。

それぞれご紹介します。

電車

まずは、電車

主に上野or日暮里から京成線乗車して行くことができます

京成線の路線図はこちら↓

第1ターミナル→成田空港駅

第2、第3ターミナル→空港第2ビル駅

となります。

所要時間はだいたい1時間〜1時間半くらいです。

料金は日暮里駅から成田空港駅まで1番安くて1030円です。

バス

に、バスです。

東京駅発のJRバス京成バスで行くことができます。

出発が東京駅なので、東京駅までは電車で行ってそこからバスに乗り換えという形になります。

料金は以下の通りです

JRバス:1000円

 

京成バス:早割(2日前までのご予約・決済)の場合900円

前日・当日までにご予約・決済、未予約の場合1000円

ちなみに予約せずとも当日に1000円持っていけば席が空いていれば乗れます。

それぞれバス停の所在地はこちらです

JRバス / 京成バス

バスの予約やもっと詳しく知りたい方はホームページをどうぞ

ペガサス
ペガサス
ちなみに個人的な印象だが京成バスの方がじゃっかん空いてるぜ!

バスを使うメリット

さあ、いよいよこの記事の本題!

電車もバスも行くまでの所要時間と料金はほぼ一緒です。

しかしバスの方が同じ時間と値段でも良いことだらけなのでバスを利用するメリットをご紹介します。

ペガサス
ペガサス
メリットだらけだぜ!

Wi-Fiが使える

1発目から激アツすぎるメリットですね。

バス内は無料でwi-fiが使用できます。

東京駅から成田空港まで約1時間くらい暇なのでその間にバス内でYouTubeを見たりして暇つぶしができるのは非常に嬉しいですよね。

Youtubeなんて見てれば1時間なんてあっという間なので、バス内のWi-fiを利用して快適な移動時間を過ごせます!

充電ができる

はい、これまた激アツなメリット!

バスは高速バスなので座席に充電用のコンセントが搭載されています。

Wi-Fi & 充電器の利用で充電が減らずに暇も潰せるというまさに最強とも言えるべき移動時間です。

座席が快適

上記でも述べましたが、バスは高速バスなのでシートも快適で電車のように座れないということも絶対ないです。

座席シートも確実に電車よりバスの方がマシですよね。

寝るのもバスの方が絶対快適なんで、移動時間寝たい方にもおススメです。

3ターミナルに直接止まる

前述でも述べたように、成田空港は格安LCCが使えることが特徴です。

その格安LCCですが、ほとんどの格安LCCの飛行機は第3ターミナルから離陸します。

成田空港には第1、第2、第3ターミナルとあり、電車だと第1、第2ターミナルには駅があって止まるんですが第3ターミナルには駅がないので止まりません。

なので、電車で第3ターミナルに行く場合は第2ターミナル(空港第2ビル駅)で1回降りてそこから無料のシャトルバスに乗り第3ターミナルに行くという流れになります。

2ターミナルから第3ターミナルへの無料シャトルバスの所要時間はだいたい10分くらいですが、なんせ1回電車を降りてバス停まで行ってまたバスに乗るというのが面倒です。

しかし、東京駅からの高速バスは直接第3ターミナルに行ってくれるので、いちいち無料のシャトルバスに乗り換えるという時間と手間が省けます。

バスを降りたらすぐに第3ターミナルなので格安LCCを利用する人からすると、とてもありがたいです。

ちなみに東京駅からの高速バスは3→2→1ターミナルの順に止まるので、第3ターミナル以外にも直接行くことができます。

バスを利用するデメリット

デメリットあんのかーい!って思ったかもしれませんが1点だけあるんです。申し訳ない。。

唯一これだけはデメリットなので把握しておいてください。

予約しておかないと乗れない可能性がある

はい、そーなんです。

事前に座席を予約しておかないと乗れない可能性があります。

しかし、朗報!!

僕は何回も東京駅からのバスを利用して成田空港へ行ってますが予約していなくて乗れなかったことは1回しかありません!

偶然人が多い時じゃないかぎり、たいていは予約せずとも直接バス停に行けば乗れます!

僕の場合その乗れなかった1回も、次の20分後に来たバスには乗れたので1日通して乗れないということはありません。

料金もバス内で直接支払うことができるので事前に乗車券を買ったりなどは不要です。1000円握りしめて行けばたいてい乗れます。

「確実にこの時間のバスに乗りたいっ!!」という方は事前に予約しておくことをオススメします。

予約がめんどくさい方は乗れなかったときを考慮して飛行機出発の時間から逆算し、早めにバス停へ行くと1回や2回乗れなくても大丈夫でしょう。

最後に

以上、成田空港へ行くのにバスを利用するメリット・デメリットでした!

控えめに言ってメリットだらけなので成田空港へ行くにはぜひバスを利用した方が良いです

それぞれJRバスと京成バスのページリンクももう1度貼っておくので時刻表などはあらかじめ見ておいた方が良いかと思います!

それでは、本日はこんなところで!

ペガサス
ペガサス
最後まで読んでくれてありがとう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログランキング・にほんブログ村へ