ライフハック

満員電車がつらい…ストレス…。という方へ!攻略法を編み出したよ!

こんにちは!8月に入り、絶賛、遅めの5月病を発症中UUBLOG(@UUBLOG_officialです!

新社会人になって早4ヶ月。特に辛いことを2つ言わせてください。

早起きと満員電車。。。

早起きは100歩譲ってまだ良い。もちろんもっと寝たいことに間違いないが、健康だし嫌いではない。

ただし、満員電車は違う!辛い以外の何者でもない!!

そこで僕は満員電車を避けるためにはどうすれば良いのか、この4ヶ月間必至に考えた。

そして最近、満員電車の攻略法をすこし掴んできた。僕と同じく毎朝の満員電車が辛くて悩んでいる若者にぜひこの記事が届けば幸いです。

満員電車、ダメ、絶対。それでは、スタート!

確実に満員電車を避けられる方法

まずは満員電車を100%回避できる禁断の方法を4つご紹介します。しかし、禁断の方法ゆえ、それなりの見返りがあるので、お気をつけください。

しかし、確実に避けれます。もう一度言います、「確実に」避けれます。

1.会社の最寄りに住む

まずはこれです。

この方法で返ってくる見返りはおそらく、会社周辺は家賃が高いということ。

しかし、この方法には、嬉しい見返りもあります。

朝ギリギリまで眠れる

です。

素晴らしい!!!満員電車と起きるのがつらい、の両方を解決してくれる1番良い方法です!

課金して理想の朝を手に入れられます!お金サイコー!!

2.電車を使わない

はい、これも確実に避けれますね。そもそも電車を使わない。

バスやタクシーで出勤すれば良いんです。

タクシーなんて、神ですよね。満員電車だって課金すれば、避けることができるんですね…。

ただし、毎日タクシーよりは確実に会社の最寄りに住んだ方がお得です。この方法だとバスをお勧めします。

3.死ぬほど早起きする

どーいうことかと言うと死ぬほど早起きして始発に乗るということです。

始発って5:30くらいですよね??流石に座れるでしょ、流石に…。

無理に始発じゃなくてもいつもより早い電車に乗ることです。この方法は前述2つよりかは、まだ見返り少ないですね。

僕はもちろんギリギリまで寝てますけどね!笑

4.遠回りする

もっとも満員電車を避けられるルートを自分で探し出し、遠回りするという方法です。

ローカルな路線だと人も少なくなりがちなのでいいですね。実際に僕の知り合いにも、最寄りじゃなくちょっと遠いけど人が少ない電車に乗って遠回りしてくる人がいます。

しかし、人が少ない路線を探るというめんどくささと、電車代が少しかさばること、朝起きるのが少し早くなるの3つの見返りが帰ってくるので効率はあまり良くないかなーと個人的には思ったり…

まぁ、出来そうな人はお試しあれ!!

少しだけ満員電車を回避できるコツ

いい画像なかったのでこれ

では、次に

朝はギリギリまで寝たい!

引っ越しも嫌だ!

お金がかさばるのも嫌だ!

なんて、人に僕なりに編み出した普段の電車で少しだけ満員電車を避けられるかもしれない方法をご紹介します。

まだ、この方法を試してないという方はお試しあれ!!

車両を見極める

はい、この方法です。どういうことなのか、説明していきますね。

まず、この写真は午前9:00頃の東京メトロ銀座線日本橋駅の様子です。

見ての通り中までギチギチですね。カオス極まりないです。

お次に、こちらが先ほどの電車の2分後にくる次の電車の写真ですが、前の写真とは車両が6車両ぐらい離れている別の車両の写真です。

んんんん!!!!!!

空いている!圧倒的に空いている!!!

ほぼ同じ時間帯の電車なのに全然違う!

そう、車両によって混み具合がぜんぜん違うんです!

しかも混んでいる車両と混んでいない車両は毎日決まった車両です。

いつも同じ車両にしか乗っていないあなた!1度、別の車両も見渡してみてください!

ps.もちろん毎日のように全車両、人がギチギチに詰まっているバケモノみたいな駅もあるのでその場合は乙です

ギューギューすぎて乗れないを少し回避できるコツ

*こちらもいい画像なかった

続いて、ギューギューすぎて乗れないのを少しでも回避できる僕なりのコツを2つ紹介します!

内側の列に並ぶ

ホームの待機する列って通常2列で並んでるじゃないですか??

それの内側の列、つまり乗車ドアに近い方の列に並ぶということです。

仮に内側の列に並んでいる人の方が多かったとしても内側列の方が乗れる確率が高いです!

僕の検証した感じだと内側の方から中に中にと人が入って行くので、内側の方が先に乗れる傾向にあります!人が多くても内側の列に並びましょう!

がめつく行く

これが1番大事です。がめつく食い込んでいきましょう。

みな毎朝会社に行くのに必死です。バトルです。死闘です。

気持ちで負けていたらその時点であなたの負けですよ。何人ものライバルを押しのけて満員電車に突っ込みましょう。

最後に

なんで満員電車ってあんなにおっさんだらけなんでしょうか…

しかも大抵く◯い….

おっと、この辺にしておきます。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

ブログランキング・にほんブログ村へ