雑記

【評判】映画館のバイトは楽ちん!東京で映画館スタッフをやっていた僕が全て教えます。

こんにちは!管理人のペガサス(@Pegasus_uublog)です!

大学生必見!

この記事は人気&超楽ちんなバイト、映画館のアルバイトについて書いてます!

みなさん映画館のアルバイトってどんな印象持ってますか??

楽そうですか?大変そうですか?

なかなか映画館でアルバイトしてる人って周囲にいないと思うので僕が2年間経験した映画館バイトの実態について詳しく話していこうと思います!

ぜひバイト選ぶの参考にしていただければと思います!

ペガサス
ペガサス
それでは、スタート!

ぶっちゃけ映画館のアルバイトは楽?忙しい?

結論から述べましょう。映画館のアルバイトはめっちゃ楽でした笑

もちろん時期や時間帯では忙しいときもありますが総じて感じた感想はめちゃくちゃ楽ですね。

どう楽だったのかは後に詳しく書いてるのでぜひ最後まで読んでみてください!

では、まず映画館てどんな仕事するの?という疑問から掘り下げていきましょう。

映画館のバイトってどんな仕事するの?

業務内容は大きく分けて3つです!どこの映画館で働くかによって多少違いはあるかもしれませんが最初の3~4年はこの3つの業務しか基本やらないので紹介していきます。

アッシャー

まずはアッシャーです。簡単に言うとフロアですね、映画館の一番基本的な業務とも言えるでしょう。なお、アッシャーという呼び方は映画館によって違うかもしれませんが基本はこの呼び方だと思います。

では、アッシャーの業務内容について話していきます。

1.もぎり台

もぎり台は映画館のスクリーン側のフロアに入場するときにチケットをちぎる業務です。映画によっては入場者特典がある場合もあるので入場者特典もこのとき配布します。

あとインターネットでチケットを購入した方で、学生やシニア割引で購入された方の年齢確認もここで行います。インターネットでチケットを購入した方と劇場で直接購入した方のチケットは色が違うので一目でわかるようになってます。

ちなみに大学生や高校生のよくあるあの疑問「高校生料金や中学生料金でいけんじゃね??」についてですが

先に結論を言うと「時と場合」によります。

もっと言うと人によるんですがやる気ない人は見て見ぬ振りするし、やる気ある人はちゃんと確認するって感じです。

*ちなみに僕はめっちゃさぼってました笑

 

まあ、こればっかりは運ですね。

あと、入場客がめっちゃ多い日で入場するのにくそ並んでるみたいな時はけっこうすっぽかせますよ。

早くお客さん入れたいのに、年齢確認したらそこで1回入場の列止まっちゃって後ろがつっかえちゃうんでそれがめんどくさくて年確しないって人多かったですね。

と言っても関係なく毎回する人もいるんで運です笑

2.入場アナウンス

映画は基本的にチケットに書いてある時間の10分前に予告が始まり、チケットの時間からさらに10分間くらいは予告やCMです。

だいたいのところは予告が始まる時間(チケットに書いてある時間の10分前)から入場ができるのでその時に入れる入場アナウンスです。僕のところはチケットに記載の時間に再度アナウンスをいれてました。

3.スクリーン清掃

映画が終わって、お客さんが出て行ったあとのスクリーン内の清掃です。

働いてみてびっくりしたんですが映画が終わって次の映画が始まるまで10分~15分とかなんですよ。

短いとき5分くらいですからね。なので、ジュースとか思いっきりこぼれてるときなんかは大変でした。

4.ゴミ受け

退場の際、飲食物を置くトレーやポップコーンのゴミなどを受け取る作業です。

燃えるゴミと燃えないゴミで分別しないといけないのがちょっとめんどくさかったですね。

5.上映中のスクリーン内のチェック

基本的にチェックするのは、気温が適温か、映像と音がちゃんと流れているか、です。

あとは盗撮してる人いないか、とか体調悪くてぶっ倒れてる人いないかとかも一応確認しないといけないんですが2年間働いててそんな人は1度もいなかったですね。

基本的に横の通路から確認してるので業務中に映画が見れます。

まあ、2時間くらいずっと見れるわけじゃないんであんまし意味ないですけどね。

6.トイレチェック

劇場内のトイレ清掃とトイレットペーパーなどの備蓄品の補充です。

7.フロア内全体の清掃

ラウンジの机やイスが汚れていたら拭くのと、フロアにゴミが落ちてたり汚れていたときの清掃です。

以上、アッシャーの業務は大まかにこんな感じです。

劇場によって多少違いはあるのですがだいたいはどこも同じです。

コンセッション

次にコンセッションです。簡単に言うとポップコーンやドリンクを買う売店です。

個人的にはここが1番嫌いでしたね~。接客が多いのと、ポップコーンの匂いが身体にめっちゃつくのが嫌いでした笑

まあそれは置いといて、業務内容についての説明です。

1.調理

まずは調理です。調理と言ってもめっちゃ簡単です。

ポップコーン→ポップコーンのタネみたいなやつと味付けの粉を入れてスイッチを押す。弾けてきたらスイッチをとめる。

ポテトやチュロスなど→冷凍されてるのでオーブンに入れてボタン押す

基本これだけです。もはや調理でもないですね笑

2.レジ

レジでの接客です。

3.グッズ販売

これに関しては映画館によるんですが僕がいたところは売店の目の前にグッズが置いてあり、売店のレジまで持って行って買うって感じでしたね。

売店とグッズ売り場が分かれてるとこもけっこうあると思います。

 

はい、主にこの3つですね。後は手が空いたら備品の補充て感じです。

ボックス

最後にボックスです。チケット売り場ですね。

ここに関してはチケット売るだけなんでそんなに説明することはないです。

以上、業務はこんな感じですね。実際にやると特に難しい事は何もありません。

次にシフトと時給についてです。

シフトと時給について

まずシフトについてですが、一週間ごとに提出でした。

調べたところ結構どこの映画館もそうみたいです。ここはすごくありがたかったですね。

私生活とのスケジュールの調整がすごくやりやすかったです。

ただ毎週出すのもちょっとだるいなあとも感じてました笑

次に時給ですが、930円くらいでした。安いですね〜笑

地方の人は良く感じますが都内の方からすると安いですね。ちなみに僕のところだけでなく映画館はどこも安い傾向にあるみたいです。

時給はちょっと残念ですね…( ;∀;)

映画館で働くメリット

では、映画館で働くメリットを書いていこうと思います。

1.とにかく楽

はい、まずはこれですね。

冒頭で述べたように時期や時間帯では忙しい時ももちろんありますが総じて感じたのは楽です。

特に平日の夜はやばいですね。お客さん0人の映画とか普通にありますからね。

お客さん誰もいないのに映画だけ流れてるみたいな。めっちゃシュールですよ笑

暇すぎて逆に疲れるレベルです。平日は1日通して暇なんですが夜は特にですね。

忙しい時期は夏休みです。子連れでめちゃくちゃ賑わうので8月は忙しかったです。

2.映画がタダで観れる

はい、1番のメリットはやはりこれですね。

映画がタダで見れます。IMAXや4DXも全部です。

しかし、見放題なのは見放題なんですが[見て良い日]にルールがあるのでまとめておきます。

シフトに入っている日でなおかつ何時〜何時までと、時間の指定をしていない日(あがった後や前に見る)

シフトを入れたが削られてしまった日

繁忙期(夏休みなど)は見れない

上記の3つです。映画が見たいためにわざとシフトを入れまくって削られるのを待っていた人もいましたね。

基本は朝〜夕方のロングで入って終わってから見る人がほとんどでしたね。

ちなみに1日1本とかルールはないので時間があれば何本でも見て良いです。

シフトが削られた日に朝からきて5本ぐらい見る人とかもいました笑

メリットはこんな感じですね。あとは売店の商品も安く買えるので映画代がタダな分普段より贅沢できます。

最後に

映画館のアルバイトは給料が安いこと以外はメリットしかないので個人的にはすごくオススメします。

従業員も学生ばっかりなので大学生は友達がたくさんできたり出会いもありますよ。(アルバイト内カップルも多かったです

噂によると採用が結構厳しいとのことなので、こちらに関しては面接対策として詳しく書いているサイトがあったのでリンクを貼っておきます。

大手のアルバイト求人サイトのリンクも貼っておくのでぜひ映画館のアルバイトを探してみてはいかがでしょうか!

バイトル

タウンワーク

マイナビバイト

それでは、本日はこんなところで!

ペガサス
ペガサス
最後まで読んでくれてありがとう!

ブログランキング・にほんブログ村へ